家来の白石茉子の結婚の報を受けた当主志

家来の白石茉子の結婚の報を受けた当主志葉丈瑠がテレビに出ている

文春砲とか世間で持て囃した結果がこの有

文春砲とか世間で持て囃した結果がこの有様!小室哲哉には心の拠り所すら持つ事を許さないのか?彼の置かれてる事情を考えれば大的に報道する必要なんて無いのでは?それこそ忖度武士の情けみたいな気持ちが週刊文春編集部にはまったく無い悲しい人達の集まりなんだろう。

今更ですが

今年も、ちまちまいきます。

昨日は1日仕事でした。

帰って子どもたちとごはんを食べて、話して

笑って、まったりして、子どもたちがそれぞれ部屋に戻ったので、

一人の時間。

なぜか録画していた中居くんのプロ野球魂を、見たくなって

何回目かわからないけど、楽しそうに笑う中居くんを

見てました。

2016年の昨日、1月18日

見たことのない顔をした大好きな人たちが、

週に1度の幸せな時間のテレビの中にいました。

体の中が冷たくなりました。

凍りついたみたいに、涙も出ませんでした。

能面みたいな顔してたかもしれません。

こんなに泣いて怒ってぐるぐるして、喜んで

いろんな感情にフタして、仮面かぶってフラットを装って

生活した日は、今までなかったと思います。

でも、

SMAPを好きになってよかったし、

これからもずっとSMAP愛してます。

広告を非表示にする

ルパンがロリコン伯爵言ってたけど、クラ

ルパンがロリコン伯爵言ってたけど、クラリス様って何歳なんだろ

今日当落お願い、会わせて下さいそして、

今日当落お願い、会わせて下さいそして、Jr祭りきまったー!に会いたい!行きたい!

NHKガッテン!をご覧になった方へ葉酸だけ摂ればいいのではない

巨人ファンもいれば、

阪神ファンもいる。

自民党を支持する者もいれば、

ワケの分からん政党を

支持する者もいる。

30年以上同じことをしていても、

まだわからないことばかりと

嘆く医者もいれば、

オレ様より知っている

ヤツはいないと

勘違いする医者もいる。

下記の記事は最高傑作でしょう。

Yahooニュースより。

NHKガッテン!

葉酸特集

をご覧になった方へ

2018年1月17日に放映された、NHKガッテン!。動脈硬化認知症からカラダを守れ!と題し、ビタミンB群の一つである葉酸ようさんという栄養素が特集された。

放映後にインターネット上の書き込みを見ていたところ、気になったことがあるので、番組をご覧になった方に伝えたいことをまとめてみる。

1、葉酸だけ摂ればいいのではない

番組放映後にインターネット上の書き込みを見たところ、早速、明日は葉酸サプリを買いに行こう葉酸って、こんなによかったんだなどの意見が見られた。

中にはメディア側の方がブログで賞賛している例も目にした。

NHKガッテン!の特集は、葉酸という一つの栄養素の、たくさんある効能の中の、一つにフォーカスしたものだ。

実際、

を摂れば、になる

で予防といった

単純な話ではないが、

限られた時間でわかりやすく

伝えるために、

そのような番組構成になっている。

葉酸は、ビタミンB群の一つで、ビタミンB1212は下付で実際は小さく右下に表記すると共に、血液を作るのに役立つ、水に溶ける水溶性ビタミンだ。

ビタミン類は、体の中で、互いに協力しあって働く。

葉酸と関連が深いのがB12だが、ビタミンB群は、どれか一つを単独で摂るより、まとめてまんべんなく摂る方がいい。

葉酸だけを大量に摂取しても、他のビタミン類が充分でないと、きちんと働かない。

逆に、ビタミンCのサプリなどを大量に摂取しても、葉酸の必要量は増える。

番組中では、

摂取の上限値に触れられていなかったが、栄養機能食品の制度では、葉酸の上限値も下限値も決められている。

ビタミンB群を総合的に含んでいる食品の一つが全粒穀物精製していない穀物だ。

例えば玄米や全粒小麦など。

2、サプリ摂ればOKではない

放映後や今朝にかけて、葉酸サプリメントのネット上での広告が増えている。

だが、番組の最後でも過剰摂取しないようにと呼びかけていたように、たくさん摂り過ぎはよくない。

普通の食品であれば、たくさん食べると満腹感が得られるが、サプリメントは、過剰摂取しても満腹感が得られないため、知らずに摂り過ぎていることがある。

筆者がかつて食品メーカーのお客様対応業務を5年間兼任していた際、米国からサプリメントを通販で購入し、毎日摂っているという女性から問い合わせがあった。

摂取量を聞いてみると、日本人に推奨された値の4倍のビタミンAやビタミンDを摂取していた。ビタミン類の中でも、AやDは油に溶けるビタミン脂溶性ビタミンで、過剰摂取すると、尿中に排泄されず、頭痛や吐き気などの副作用が生じることがある。

番組で紹介されていた埼玉県坂戸市葉酸プロジェクトは、筆者もかつて通っていた大学院のある女子栄養大学坂戸市が共同で、長年かけて進めてきたものだ。

葉酸が強化されたパンやどら焼きが紹介されていたが、これがいいのは、葉酸だけを単独で摂るのでなく、もともと原料の小麦に含まれている他のビタミンB群と一緒に摂取できる点である。

筆者が勤めていたグローバル食品企業でも、ビタミンB群を総合的に含む全粒穀物を使ったシリアルに葉酸が強化されていた。

3、認知症予防は

葉酸摂取だけで

達成できるものではない

これは番組を見た人の何人かも指摘していたが、認知症予防に効果的なことは複数あり、葉酸摂取だけで達成できるものではない。

サプリメントは飲むだけで咀嚼そしゃく噛むことしないものが多いが、咀嚼も、認知症予防に効果的な、多数ある方策の一つである。

どのような方法があるか。

たとえば、

ベーたカロテンやビタミンC、ビタミンEの摂取を始め、DHAドコサヘキサエン酸などを含む魚類も薦められるし、手先の運動や、体全体を使った有酸素運動、人と対話をすることや、文章を読んだり書いたりすることなど。

以上、3点にまとめてみた。

筆者は、食品ロス食べられるのにも関わらず、賞味期限接近などの理由で廃棄されるものを少なくするための活動をしている。

日本人の鮮度志向は、新しければ新しいほど良いとされがちだが、過去にNHKガッテン!で放映された缶詰特集では、作ってから半年以上経ったものの方が、味が沁みていて美味しいことが解説されていた。

一般の方が、過度に、健康効果を信じることをフードファディズムと呼ぶ。

メディアの報道を主体的に読み取る力をメディアリテラシーと呼ぶ。

放映後の反響を見ていて、

情報の受け手である視聴者側にも

課題はあると感じた。

真の専門家は一般の人たちの目線まで降りてくることができる人だと、ある書籍に書いてあった。

医者同士は専門用語で会話が通じても、患者には通じない内容もある。いかにわかりやすく一般の人に伝えるかは、専門家にとって永遠の課題である。

筆者も1月18日には、番組に出演されていた香川靖雄先生が所属されている女子栄養大学で食文化情報論の講義をする。

発信者側である筆者も、わかりやすく、かつ、誤解のない情報発信をするために、今後も研鑽しなければならないと感じた。

井出留美

食品ロス問題専門家

ジャーナリスト

博士栄養学

奈良女子大学食物学科卒、

博士栄養学

女子栄養大学大学院修士農学

東京大学大学院農学生命科学研究科。

食品企業広報室長として東日本大震災食料支援の折、大量の食料廃棄に憤りを覚え、自らの誕生日であり転機の311を冠した株office311設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞や食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと導いた。国内外での講演や企業コンサルティングを行なう。市議、商店街振興組合理事長らと食品ロス削減チーム川口主宰。賞味期限のウソ食品ロスはなぜ生まれるのか幻冬舎新書上梓、3月で3刷に。